中札内村について

村の概要

村の概要

「なかさつない」は十勝の中心都市帯広市からおよそ28キロ、帯広空港から車で10分くらいの位置にあり、日高山脈のすそのに広がる農村地帯です。清流札内川が村を縦断し、平野部は耕地防風林で囲まれ十勝の自然を象徴しています。

中札内村の入植者の定住は、明治38年にさかのぼります。道もない原野、カシワやミズナラが空を覆うような大地で、厳しい自然と闘いながら開拓が進められました。明治45年には帯広まで道路が開通、昭和4年には住民念願の鉄道も開通しています。昭和22年に大正村から分村して、中札内村が誕生しました。開村当時人口は4,400人(昭和22年国勢調査)で、約740戸でした。村名の語源は、アイヌ語で「乾いた川」を意味するサチナイと、札内川の中流に位置するという意味からなっています。

アクセス

位置・地勢

中札内は、東経143度8分、北緯43度41分十勝平野の南西部に位置し、海抜190.05メートル面積292.69平方キロメートルの村です。

十勝の中心都市帯広からおよそ28キロメートルの地点にあり帯広空港にも近く、村の西部は日高山脈襟裳国定公園になっているなど自然環境、生活環境に恵まれています。

位置・地勢

気象

気象

夏季は20度前後、冬季はマイナス10度前後と寒暖の差が激しいのが特色です。北海道中でもドライゾーンであるため、特に冬には降雨、降雪量が少なく、「十勝晴れ」といわれるカラリと晴れた日が続きます。

服装

1〜3月防寒対策は必須!

1〜3月

防寒対策は必須!

冬場は日中でも氷点下の時があるので、防寒グッズは欠かせません。
(帽子・手袋・ネックウォーマー・ダウンジャケット・厚手のコート・セーター・ブーツ)

4・5月昼間は暖かくても夜は寒い!

4・5月

昼間は暖かくても夜は寒い!

気温は上昇しますが、夜は肌寒くなります。1枚羽織るものがあれば安心。
(薄手のコート、ジャケット、パーカー、長袖のTシャツなど)

6月遊びに行く前に気温を要チェック!

6月

お出かけ前に要チェック!

6月は真夏日の日もあれば、肌寒い日もあります。観光する前に気温を確認しましょう。
(長袖のTシャツなど、気温に合わせて)

7・8月薄手の服でお出かけOK!

7・8月

薄手の服でお出かけOK!

いよいよ中札内村にも夏が到来します。なんと暑い日は35℃に?!日焼け対策もしっかり行い出かけましょう。
(半袖のTシャツ)

9月夜が肌寒くなる季節に!

9月

夜が肌寒くなる季節に!

一気に気温が下がり始めます。調節できるように、一枚羽織るものがあるとベスト。
(パーカー、長袖のTシャツ)

10月〜12月冬到来。気温が急降下!

10月〜12月

冬到来。気温が急降下!

中札内村に冬がやってきます。気温が急に下がり、防寒着・グッズが必要になります。
(帽子・手袋・ネックウォーマー・ダウンジャケット・厚手のコート・セーター・ブーツ)

シンボルマーク「ピータン」

gaiyo-04

平成3年3月、地域の活性化とイメージアップを図るため、シンボルマークやキャッチフレーズなどを募集し、審査委員会で決定し「ピータン」が誕生しました。

中札内特産のたまご(顔)・豆(目)・いも(靴)を組み合わせたひよこで、手に村の花のスズランを持ち、シルクハットをかぶっています。基本型のマークをベースに、「登山」・「農作業」・「柔道」・「まつり」など村の特色を表す4枚の図柄も製作しました。ピヨピヨひよこの「ピー」と、中札内村の景勝地ピョウタンの滝の「タン」を組み合わせて、「ピータン」という愛称です。

中札内村オリジナルグッズ

goods_main

村のキャラクター「ピータン」のノートやキーホルダーなど様々なオリジナルグッズを展開しています。旅の思い出にぜひお買い求めください。